MENU

年代に合った生命保険選び

生命保険といっても、各個人の生活スタイルや、考え方などによって適切な生命保険プランは異なってきます。その中でも、年齢が、生命保険を大きく左右する要素となります。生命保険への加入を考える場合での、年代ごとでの適切なものを考察してみましょう。まず、20代で、独身の人の場合、死亡保障はあまり重要とはいえないでしょう。 自分が死亡した場合の保障より、生存時の保障が充実した内容のものが向いています。例えば、医療保障や入院特約を中心にして、死亡保障も付け加える形が良いでしょう。既婚で、配偶者や子供がいる場合は、後に残される家族の生活も考え、死亡保障もしっかりカバーしてくれる保険も考える必要があります。30〜40代の場合、結婚し、専業主婦で、まだ子供も小さいうちは、、死亡保障が充実した生命保険への加入が望ましいです。一家の大黒柱主である旦那さんが死亡した場合に、残された家族への生活保障が大事となります。まず、普段の生活費や養育費などを加味し、万が一の時に必要となる保障額をきちんと確かめておくことです。具体的な数字を知りたいときは、保険会社に問い合わせてみるとよいでしょう。ただ、死亡保障も時に応じて見直す必要があります。例えば、子供さんが成長し独立したりすると、必要となる養育費や生活費も変わります。親が亡くなった後の家族への生活保障以上に、老後の自分たちを考えることに重点を置くようになります。50代以降の生命保険選びとなると、既に子供も独立し、自分自身の老後の生活をきちんと考えなければいけません。年齢が進むにつれ、病気、怪我に対する心配も高くなっていきます。そのため、死亡保障目的だけでなく、医療保険や入院特約を充実させた保険内容のものを選ぶようにすべきです。また、貯蓄性の高い生命保険へも加入し、老後に備えるようにすべきでしょう。生命保険に加入時は、医師による健康診断が必要な場合もあります。加入の制限がある生命保険も多いので、まず、その点もチェックしなければいけません。 自分に合った生命保険を選び、次は、どのくらいの保障が必要なのかを検討しなければいけません。算出方法の目安は、まず、今後の予想される出費総額を割り出します。遺族の生活資金や子供の教育費、子供の結婚資金などです。次に、今後の予想収入総額を算出します。公的年金収入や配偶者の予定収入、勤務先からの死亡退職金、また、現在の貯蓄額などです。そして、予想出費総額から予想収入総額を差し引いた金額が、必要な保障額となります。さらに、その保障がいつから必要となるか、貯蓄性はどうするか、なども同時に検討します。こうした手順で、いつから、誰に対して、どの程度の保障が必要なのかを知ることが出来ます。

ニーズに合った生命保険選びを

生命保険会社もそれぞれで、得手、不得手の分野があるものです。たとえば、ある生命保険会社は医療保険が得意で、別の生命保険会社は死亡保険が得意、と言うケースが普通です。このため、一つの生命保険会社で全ての保障をまとめるより、得意な分野ごとで、いくつかの保険会社のものを組み合わせた方が保障内容は充実しますし、生命保険料も安くなるものなのです。良い生命保険とは、保険料が安くて、保障内容が厚いものなの、と言う考え方が一般的ですが、それだけでなく、保障内容が自分にとって本当に必要なのかどうかも大切です。また、毎月何万円も生命保険料を払い、少なからぬ負担と感じ始めたりもします。自分の身に万が一のことが起きたときや、家族の生活のためと、割り切るしかないのか?と考えたりもします。自分のニーズにマッチしていない保障に多く加入しても、万が一のとき、必要な保障を果たしてくれるかどうかはわかりません。生命保険は加入目的が大切で、自分に必要な保障がどのようなものかを良く考える必要があります。生命保険料の負担の大きさから、安い保険に切り替えたいと考えることもありますが、安い保険には安いなりの訳もあったりします。日本国内では、死亡率は変わりません。保障内容の詳細もきちんと見比べることが大事です。生活スタイルの変化に応じて、保険を見直す必要が出てくることもあります。例えば、近いうちに子供が生まれるため、保障内容を見直したいが、どのように見直せば良いのか分からない、ということもあります。こうした場合、単純に保障額を増やせば良いのだろうか?とも考えますが、こうした場合、保障額を見直す必要はもちろんありますが、同時に、いつまで保障が必要なのかも確かめなければいけません。子供が自立するまでは、必要な保障が受けられるようにすることも必要です。生命保険というものは、ある人にとっては「適切な保険」でも、別の人にとっては「必要ない保険」というケースもあります。生命保険が自分に合うか合わないかは、自分のライフスタイルと考え方で大きく左右されるものなのです。例えば、ライフスタイルの面では、独身の人と既婚の人とでは必要な保障は全く異なってきます。また、既婚の人でも、子供が何人もいる家庭と、子供がいない家庭では、必要な保障は異なってくるわけです。また、考え方の面でも、例えば子供の教育費用で、子供を大学まで進学させたいと言う場合と、高校を卒業したら就職して欲しいと考えている家庭さんとでは、子供に残してあげるべき保障は大きく異なってくるわけです。

正しい生命保険会社選びとは

財団法人 生命保険文化センターは、3年ごとに「生命保険に関する全国実態調査」を行っています。その18年度版調査によると、生命保険の世帯加入率は87.5%となっています。今回の調査では、生命保険の世帯加入率がややダウンしたことが注目されています。加入率が低がった原因としては、高年齢世帯の増加と、世帯年収の減少を主なものとしています。高年齢層世帯の場合、相対的に生命保険の加入率が低いため、その影響が出たと見られたいます。また、解約や加入しない理由として、保険料が払えない、といった、経済的理由の割合が多く、平均収入が下がったことの影響が出ているようです。生命保険商品の勧誘・販売に関して、規定も次第に厳しくなってきています。契約者と保険販売員の両者とも「確認書」にサインをしないと保険契約を結べない、という規定も近いうちに導入されるようです。確認書は、契約者の保障ニーズや払える保険料、希望保険金額などが明記されるようになります。契約者のニーズと異なる商品を販売するのを避けるのが狙いです。また、比較広告も今後は増えてくると見られています。同じ定期保険でも、自分のところの方が、他社より年間いくら安くなります、といった内容の広告はすでに解禁されているのですが、今のところは、生命保険各社でも自粛しています。それを、金融庁が基準を作成することで促進していきます。これにより、保険はもっとわかりやすくなると同時に、差別化も進んでいくことでしょう。生命保険会社の健全性を判断するための材料やデータは、格付け会社による格付け、ソルベンシ−・マージン比率、保有契約高増減率などによる判断の他、いろいろとあります。集めた情報の中でマイナス要素が多い会社は、要注意で、この会社の生命保険に加入しているなら、解約を考える必要も出てきます。しかし、こうしたところでの数値や記号だけで安全かどうかを判断するのは、少し気が早いとも言えます。保険会社との契約は長い期間続くものであり、この間に会社同士の合併や統合が行われたり、損害保険会社や銀行と提携することも考えられます。そうなれば、危ういと判断された会社も、健全性が大幅に向上するかもしれません。また、一般の人たちには知らされないデータと言うものもあります。例えば、生命保険会社は親密な関係にある銀行の株式を多く保有しています。株式の保有割合が多い銀行が破綻すれば、生命保険会社も突然大きなダメージを受けてしまうことになります。そのため、自分が契約している生命保険会社と親密な関係にある金融機関の経営状態にも注意する必要があるわけです。ただ、これ以外にも、自分に必要な保障がきちんと揃えられているか、営業マンがいかに親密に相談に応じてくれるか、なども、契約者として大切な判断材料です。生命保険会社選びは、様々な角度から検討して判断するべきです。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク